漫画『シャングリラ・フロンティア』全巻ネタバレ感想・情報まとめ

週刊少年マガジンで連載中の『シャングリラ・フロンティア ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~』通称シャンフロ。

1巻から最新巻までのネタバレ感想とその他の情報をまとめました。

未読の方の購入の検討や既読の方の復習に役立てば幸いです。

目次

シャンフロのあらすじ紹介

累計PV2億2千万超え!「小説家になろう」の超人気作が待望のコミカライズ!

「小説家になろう」の超人気作が待望のコミカライズ!“クソゲー”をこよなく愛する男・陽務楽郎。

彼が次に挑んだのは、総プレイヤー数3000万人の“神ゲー”『シャングリラ・フロンティア』だった。

集う仲間(外道)、広がる世界。そして“宿敵”との出会いが、彼の、全てのプレイヤーの運命を変えていく!!

最強クソゲーマーによる最高のゲーム冒険譚、ここに開幕!!

講談社コミックプラスhttps://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000345557

感想まとめ

第1巻の感想(第1話~第5話 + 書き下ろし小説「人外魔境」)

この物語は、クソゲーハンターの「サンラク」がゲーム屋店長の画策で神ゲーと謳われている『シャングリラ・フロンティア』に参戦することで始まります。

もちろん、主人公のアイデンティティであるクソゲーハンターを生かすため、シャンフロ以外のクソゲーをプレイするサンラクを見ることも出来るし、シャンフロ内でクソゲー脳を披露したりもします。

1巻では、ゲームの設定を諸々すっ飛ばし自身の異常に高いプレイヤースキルのごり押しで進んでいくため、バトルシーンの爽快感を味わうことが出来ます。

あの化け物に出会うまでは……

なお、すっ飛ばしたゲームの詳しい設定は後々回収していくので安心してください。

1巻の詳しいネタバレ解説はこちらから

↓↓↓

なろう漫画『シャングリラ・フロンティア』1巻ネタバレ感想と評価まとめ

第2巻の感想(第6話~第15話 +書き下ろし小説「敗北者は明日を忘れない」)

2巻では、メインのストーリーとサンラクが発見したユニークシナリオの進行の2本柱です。

後者のユニークシナリオ絡みで、情報を欲した他のプレイヤーに狙われたり、別ゲーで因縁のあるプレイヤーと再会したりもしながら

サンラクはユニークシナリオ「兎の国からの招待」の攻略を目指します。

2巻の詳しいネタバレ感想はこちらから

↓↓↓

なろう漫画『シャンフロ2巻』のネタバレ感想・その他情報まとめ

第3巻の感想(第16話~第25話 +書き下ろし小説「メイキング・カッツォ」)

3巻からは、ユニークモンスター「墓守のウェザエモン」の討伐が始まります。

まずは、7つの最強種と謳われるユニークモンスターと戦うためにレベリングと装備の調達を行います。

3巻なのに、もう7つの最強種なんかと戦って勝負になるのか?と思いましたが、「墓守のウェザエモン」戦ではプレイヤー全員がレベル50を強制されるため、レベル50まで上げてしまえばプレイヤースキル次第で勝敗が決まるというわけです。

武器の調達も、ゲームの醍醐味ですからワクワクしますし、レベリングのシーンも退屈しないようにテンポ良く軽いギャグを挟みながら進行するため飽きること無く楽しめました。

3巻の詳しいネタバレ感想はこちらから

↓↓↓

なろう漫画『シャンフロ3巻』のネタバレ感想とその他情報まとめ

第4巻の感想(第26話~第35話 +書き下ろし小説「クソゲーハンターの朝は早い」)

4巻では、ウェザエモン戦に向けた最終準備とサンラクのクソゲープレイ、そして遂にウェザエモン戦が開幕します。

スキルを合成して新しいスキルを生み出したり新しいスキルを買ったりと、ゲームとしての設定が非常に作り込まれているのが本作の見所の1つです。

さらに、嬉々としてクソゲーをプレイするサンラクを見ることが出来ます。一見、誰得っぽいが見ていて楽しかったりします。

そして、4巻の本編である「墓守のウェザエモン」戦ですが、開幕いきなり発生1フレーム(0.016秒) 疑惑の神速の居合い “断風” をぶっ放してきます。

ちなみに、ウェザエモンの攻撃は全て即死級の化け物です。

大迫力のバトルシーンは必見です。

4巻の詳しいネタバレ感想はこちらから

↓↓↓

なろう漫画「シャンフロ4巻」 ネタバレ感想 ウェザエモン戦開幕!

第5巻の感想 (第36話~第45話 +書き下ろし小説「1.5秒で何ができる?」)

5巻では「墓守のウェザエモン」戦の決着までが描かれました。

第1、第2段階をそれぞれ10分間ずつ耐えきり最後の第3段階に突入。

サンラクの新装備や新スキルと、ペンシルゴンの作戦で遂にウェザエモンに勝利します。

バトルシーンの迫力は健在で、特にウェザエモンの「晴天大征」は圧巻でした。

シャンフロのサービス開始以来初のユニークモンスター討伐成功で、このシャンフロの世界自体が少しずつ変化し始めます。

5巻の詳しいネタバレ感想はこちらから

↓↓↓

なろう漫画『シャンフロ5巻』のネタバレ感想と各サイトの評価まとめ

第6巻の感想(第46話~第55話 書き下ろし小説「秘匿の花園墓参りRTA1時間15分43秒」)

6巻の詳しいネタバレ感想はこちらから

↓↓↓

『シャングリラ・フロンティア』6巻のネタバレ感想とその他情報まとめ

世界観や設定について

フルダイブ型VRゲーム「シャングリラ・フロンティア」とは

シャングリラフロンティア

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 1巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

フルダイブ型のVRゲームというのは、現在私たちの世界には存在していない技術で、ゲームの世界に実際に入っているかのような感覚でプレイできるゲームの種類の総称です。

そのフルダイブ型VRゲーム全盛の世界で登録者3000万人を誇る超人気作が本作のタイトルにもなっている『シャングリラ・フロンティア』なのです。

ゲームのストーリーとしては、広大な世界の開拓を目的とした開拓者として冒険するオープンワールドゲームです。

ゲームのプロローグを公式サイトから引用しました。↓

遥かな太古、神代と呼ばれる時代があった。 偉大なる神人達は後世に命を紡ぎ、その姿を消した。 時は流れ、神人の遺志継ぐ我々は彼らが願ったように地に広がり、そして大いなる命の流れを紡いでいく……

今を生きる我々は、歴史と遺跡の中に息づく過去の遺産から神人達の軌跡を辿る。 貴方は開拓者。東よりの風と共に現れ、幾度となく膝をつき、されど進み続け……そして風と共に消えるかもしれない者。

貴方の生きる意味は?

一振りの剣に己が身命を託す?

魔道の深淵を覗いて魔道の高みを目指す?

あるいは戦いの道を選ばないことも出来る。その全てがここにある。その全ては貴方の中にある。さぁ、一歩踏み出して。 未知を、未来を、そして可能性を切り拓いて。それがこの地に生まれ落ちし、神代よりの子らに課せられた使命なのだから。

マンガアプリ「マガポケ」公式WEB https://pocket.shonenmagazine.com/article/entry/shangrilaf_20200725

登場人物紹介

シャンフロ6巻

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 6巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

プレイヤー紹介

サンラク (陽務 楽郎)

サンラク

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 1巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

高校二年生の17歳で、クソゲーをこよなく愛する生粋のクソゲーマーである。

行きつけのゲーム屋の店長のオススメで「シャンフロ」の世界へ。

開始早々変態プレイを見せつけるが、プレイヤースキルは折り紙付き。

防具売りスタートを選択したため、半裸の状態でゲームをスタートするハメとなり

素顔を隠すためハシビロコウの仮面を装備している。

サイガー0(斎賀 玲)

サイガー0 斎賀 玲

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 2巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

サンラクと同じ高校に通う高校2年生。

サンラクとは高校1年生時に同じクラスだったらしく、以来好意を抱いている。

本人は可愛らしい女子高生がだが、シャンフロのアバターは全身を鎧で覆った大男。

リュカオーン討伐を目指しているクラン「黒狼」に所属している。

アーサー・ペンシルゴン(天音 永遠)

アーサー・ペンシルゴン

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 2巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

中の人はモデル、アバターは中の人を忠実に再現した美女。

PKクランの「阿修羅会」の元副オーナーで「廃人狩り」(ジャイアントキリング)の異名を持つ。

サンラクとは別のゲームで因縁があるが、その実普通にゲーム友達。

ユニークモンスター「墓守のウェザエモン」討伐の為、サンラクとオイカッツォと手を組む。

オイカッツォ(魚臣 慧)

シャンフロ5巻 カッツォ

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 5巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

中の人は現役のプロ格闘ゲーマーで、アバターは小柄な少女。

サンラクとはクソゲー仲間であったが、サンラクを追いかける形で参戦。

職業は「修行僧」の拳気使いで、ステ振りは体力と耐久力多めの軽戦士ビルドだそう。

サイガー100(斎賀 百)

サイガー0の実の姉であり、クラン「黒狼」のオーナーを務めている。

animalia

動物型モンスターの撮影を目的としたクラン「SFーZoo」のオーナー。

デバフ系の魔法を使いこなす。

オルスロット

PKクラン「阿修羅会」のオーナーで、アーサー・ペンシルゴンの実の弟。

今のところ噛ませ犬展開しかなく、不憫なキャラだが同情する気にはならない。

シャンフロ運営側

木兎夜枝 境(つくよぎ さかい)

シャンフロを運営しているユートピア社の宣伝部長で、オールバックのイケメンサラリーマン。

下二人のせいで胃薬を常飲しているほどのストレスを抱えている。

天地 律(あまち りつ)

シャンフロのエグゼクティブ・プロデューサー(制作/製作の総指揮者)

ゲームバランスの調整でウェザエモンの弱体化を施したが、その是非に関して継久理と未だに揉めている。

継久理 創世(つくり つくよ)

ユートピア社の創設者であり、シャンフロの開発者。

継久理 の考えていたストーリーでは、ウェザエモンは中盤から後半にかけて攻略されるはずの “神代最強の英雄” であったため、弱体化を施した天地にぶち切れている。

NPC紹介

エムル

職業:魔術師 ヴォーパルヴァニー・トラベラー

セカンディルで「リュカオーンの呪い」に嘆いていたサンラクを「兎の国」に導いた。

その後サンラクのパーティメンバーとなる。

大量の魔力を消費することで人の姿に変身できる。

ヴァイスアッシュ

ラビッツを治め、兎御殿に住む極道の親分のような兎。

鍛冶師の頂点である「神匠」の職業をもち、サンラクがウェザエモンに挑むと聞き「致命の包丁」に真化を施し「兎月【上弦】【下弦】」を生み出した。

「リュカオーン」や「ウェザエモン」について何か知っている様子。

ビィラック

ヴァイスアッシュの長女で、鍛冶を継いでいる。

サンラクの依頼で「帝蜂双剣(エンパイア・ビーツイン)」を作製した。

エルク

兎御殿内にあるスキルガーデナーを取り仕切っているエムルの三つ子の姉。

おっとりした見た目と話し方だが、かなりの銭ゲバである。

ユニークシナリオ

通常のシナリオとは異なり、特定の条件を達成することで発生する隠しシナリオのようなもの。

ユニークシナリオで獲得できる装備や魔法はどれも一級品だと言われている。

兎の国ツアー

初心者推奨のユニークシナリオ

「ヴォーパル」武器を装備した状態で、自身よりレベルの高いモンスターを倒すと「ラビッツ」へと導いてくれるヴォーパルヴァニーが全ての街に出現する。

案内後、「兎食の大蛇」を倒すことで魔法「エンチャント・ヴォーパルヴァニー」を獲得することが出来る。

兎の国からの招待

推奨レベル80

発生条件は複数の特定条件を達成した上で「一定値以上のヴォーパル魂」を達成すること。

条件を達成したサンラクはセカンディルの街中でエムルと出会い本シナリオが開始された。

シナリオ内容は、「ヴォーパル魂の首輪」を装備(自動)した上で、自身よりレベルが上のモンスターに十連戦して勝ち抜くこと。

「ヴォーパル魂の首輪」

取得経験値が半分になる代わりに

レベルアップの蔡に獲得するステータスポイントが2.5倍(小数点切り捨て)になる

ヴォーパルヴァニーの王が作り出した戒めの首輪

王の許可無くして外れることは無い

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 1巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

クリア報酬はアクセサリ「ヴォーパル魂の首輪」の消失と称号「ラビッツ名誉国民」の獲得、さらにユニークシナリオEX「致命兎叙事詩(エピックオブヴォーパルヴァニー)」の開始。

此岸より彼岸へ愛を込めて

満月の夜に、千紫万紅の樹海窟の「秘匿の花園」にて「遠き日のセツナ」に話しかけることで発生する。

内容は、新月の夜に「秘匿の花園」を訪れ「反転の墓標」にて、ユニークモンスター「墓守のウェザエモン」を討伐すること。

サンラクは、アーサー・ペンシルゴンの勧誘でオイカッツォと3人で挑んだ。

クリア後には、全プレイヤーにアナウンスが流れ、ワールドストーリー「シャングリラ・フロンティア」が進行したとのことだった。

ワールドストーリー

ワールドストーリー「シャングリラ・フロンティア」は、サンラクがゲーム開始時は進行度が0%であったが

ユニークモンスター「墓守のウェザエモン」の討伐成功によって、進行度が12%に変化した。

このゲームの開発者らしき人物からは、初めに討伐されるのは「クターニッド」のはずであったため

本来の予想していたシナリオが崩れてしまうと怒りを露わにした。

ユニークモンスター

シャンフロには、7種のユニークモンスターが存在しており「7つの最強種」と呼ばれている。

「異名と固体名を持つ」をもっており、この世界で1体しか存在しない。(つまりリポップしない)

出現方法はほとんど判明していない。

夜襲のリュカオーン

ランダムエンカウントのユニークモンスターで、漆黒の毛並みを纏った大きな狼。

夜襲のリュカオーン

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 1巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

サンラクが四苦八苦の沼荒野でレッドキャップゴブリンとの戦闘中に乱入した。

その後、サンラクに「リュカオーンの呪い」を付与した。

エムル曰く、「おやつ感覚でドラゴンすら食い殺す最強種」だそう。

リュカオーンの呪いとは

  • 「呪い」を受けた部位は装備が出来ない
  • 「呪い」を受けた者よりレベルが低いモンスターは逃走
  • NPCとの会話に補正がかかる
  • 他の魔力干渉に対して強い抵抗を得る

呪いの発生条件

  • 前衛職5分間ノーダメージ
  • HPが全損する攻撃を受けてHPが0にならなかった
  • ノーダメージでクリティカルを一定回数当てる

墓守のウェザエモン

千紫万紅の樹海窟の隠しエリア「秘匿の花園」に存在するNPC「遠き日のセツナ」に話しかけることで発生するユニークシナリオEX「此岸より彼岸へ愛を込めて」の討伐対象。

ウェザエモン

参照:シャングリラ・フロンティア -クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす- 5巻 原作:硬梨菜 作画:不二涼介 出版社:講談社

生前のセツナの恋人であり、ウェザエモンはセツナの墓を守り続けている。

武士の甲冑を纏っており、武器は日本刀を使う。

戦闘開始から10分が経過すると、第2段階に移行し戦術騎馬「麒麟」というサイボーグを召喚し合体しようとする。

ウェザエモンと麒麟の合体を10分間阻止出来れば、第3段階へと移行する。

第3段階では麒麟は二足歩行に変形し、ウェザエモン自身は自壊し始めるが時間経過で討伐は不可能。

戦闘終了条件は、「晴天大征」という連続技を全て受けきり、プレイヤー全員が生存していること。

BOSSモンスター紹介(登場順)

貪食の大蛇

最初の街 ファスティアから2番目の街セカンディルへ向かう際に立ちはだかる「跳梁跋扈の森」エリアボス。

推奨レベル10 推奨人数3人

尻尾から出す「毒糞攻撃」でサンラクを毒状態にし追い詰めた。

沼堀り (マッドディグ)

サードレマへ向かう際に討伐必須となる 「四駆八駆の沼荒野」 のエリアボス。

サメの頭に土竜の胴体に鯰のような髭が生えている。

ソロプレイヤーでは対応出来ない即死攻撃を繰り出すため「ソロ殺し」の異名を持つ。

忘執の樹魔 ルーザーズ・ウッズ

ユニークシナリオ「兎の国からの招待」で十連戦の最終戦でサンラクの前に立つはだかった。

ヴァイスアッシュ曰く、昔 木と合体してでも生き延びようとしたバカヤロウらしい。

レベル120とサンラクからすれば格上だったため、5分間サンラクが生き延びれば勝利という条件で戦った。

木の根と鎖で敵を追尾して襲いかかる魔法を駆使して戦う。

クラウンスパイダー

「千紫万紅の樹海窟」のエリアボスで、お腹にピエロの模様を持つ大きなクモ。

洞窟内に蜘蛛の巣を張り、頭上から投石してくるがサンラクには通用しなかった。

ハニング・リッチ

「奥古来魂の渓谷」のエリアボスで「瘴気」を放つ呪術系骸骨。

聖属性を付与した武器で無ければ物理攻撃は無効だが、サンラクチームには鍛冶師のビィラックがいたため、その場で属性付与を行い倒されてしまった。

エリア

跳梁跋扈の森 (ちょうりょうばっこのもり)

最初の街 ファスティアの西に広がる森。

2番目の街 セカンディルへ向かうにはこのエリアを抜ける必要がある。

四駆八駆の沼荒野(しくはっくのぬまこうや)

セカンディルから3番目の街 サードレマに向かう際に抜ける必要のあるエリア。

多数の沼が存在しており、鉱物アイテムが採掘できる場所が存在する。

ドロップアイテム

  • 石ころ
  • 灰色鉄鋼
  • 沼棺の化石
  • 銀色鉄鋼

千紫万紅の樹海窟 (せんしばんこうのじゅかいくつ)

フォスフォシエに繋がっているエリア。

巨大な迷宮洞窟の中に、様々な植物が生い茂っており昆虫型のモンスターが生息している。

光る苔のおかげで洞窟内は明るい。

隠しエリア「秘匿の花園」が存在しており、そこに存在するNPC「遠き日のセツナ」に話しかけることで

ユニークシナリオEX「此岸より彼岸に愛を込めて」が開始される。

神代の鐵遺跡(しんだいのくろがねいせき)

シクセンベルトに繋がっているエリア。

「神代」時代の遺跡であり、鉄の板が浮遊している。

隠しエリア「涙光の地底湖」が存在しており、そこに生息するモンスターは高い経験値効率を誇るため

ウェザエモン討伐を目指すサンラクとオイカッツォのレベリング場となった。

栄枯盛衰の死火口湖(えいこせいすいのしかこうこ)

ファイバルに繋がっているエリア。

火山の火口に水が溜まり湖となっている。

奥古来魂の渓谷 (おうこらいこんのけいこく)

フォスフォシエからエイドルドに通じているエリア。

かつての戦場で、大量の死者の瘴気に覆われてるためアンデットの巣窟となっている。

作品情報

作品名シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~
原作硬梨菜
作画不二 涼介
1巻発売2020年10月16日
掲載誌週刊少年マガジン
出版社講談社

作者情報

原作の硬梨菜先生

「小説家になろう」の硬梨菜先生のマイページ

https://mypage.syosetu.com/474038/

Twitterアカウントはこちら

https://twitter.com/BOSH_JP060?s=20

作画の不二涼介先生

過去の作画担当歴はこちら

・進撃の巨人 LOST GIRLS

・ワールドエンドクルセイダーズ

・Fairy gone フェアリーゴーン

原作情報

現在も小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載中。

https://ncode.syosetu.com/n6169dz/

2017年の5月から連載をスタートしており、現在(2021/11/14時点)で828話まで更新されている。

その文字数は約270万文字で、読了時間は約5400分(90時間)となっており、圧巻の長編小説となっている。

漫画版5巻では、原作の75話までの内容が収録されていたため、単純計算で漫画1巻に原作15話分が収録されるとすると

漫画55巻分の内容ということになる。

漫画『シャングリラ・フロンティア』まとめ

週刊少年マガジンにてコミカライズ化され連載している話題作『シャングリラ・フロンティア』の1巻から最新巻までの感想まとめと、その他のあらすじや登場人物などの情報をまとめました。

個人的なオススメ度はかなり高く、アニメ化待ったなしの作品です!!

 

おまけ シャンフロをお得に読もう

漫画をお得に読むなら、電子書籍ストアを活用することをオススメします。

電子書籍ストアでは、新規入会クーポンや期間限定セールを定期的に行っているので、上手く活用すれば50%OFFや70%OFFで漫画を購入することが出来ます

オススメの電子書籍ストア2選

まんが王国

まんが王国の特徴は、ポイント還元率の高さです。

月額コースでポイントを購入すると、最大30%のポイントバックを含めた5つの特典が付きます。

通常購入でもポイント購入還元の最大30%ポイント使用還元の最大20%を合わせて最大50%還元を行っています

【まんが王国】★お得感No.1★国内最大級の電子コミックサイト


【DMMブックス】

数ある電子書籍ストアの中で新規入会クーポン最強はDMMブックスです!

期間限定で新規入会者は70%OFFクーポンをゲット出来るのです。(値引き上限3000円)

終了時期は明記されていないので、今のうちにゲットしておきましょう。

国内最大級の品揃え【DMMブックス】


もっと詳しい電子書籍ストアの情報が知りたい方はこちらの記事で、オススメの電子書籍ストアを解説しています。

2021年版、オススメの電子書籍ストアはここ!結論この3つでOK

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
ページTOP
目次
閉じる