一体何者?「虎鶫 とらつぐみ」作者 ippatu 氏の情報まとめ

虎鶫1巻表紙

フランスで先行公開され、2021年6月4日に日本でも1巻が発売された『虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT- 』の作者 ippatu 氏は何者なのか?

現在判明しているプロフィールと過去の活動歴を年代別にまとめてみました。

ippatu氏の最新の活動をチェックしたい方は、目次から2021年にジャンプ!

目次

ippatu氏のプロフィール紹介

年齢、性別不明 (1人称はおら)
連載中の作品虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT-
Twitterアカウント ippatu@ippatu358
過去作品 『銀十字』全2巻 (名義は真心一芭)
別名義 真心一芭、カニ人 (@kanijin358)

いろいろ調べてみましたが、公式の情報はあまり出てきませんでした。少しだけ本人さんが言及されています。

真心一芭というペンネームで活動していた理由については、ご本人がツイートしていました。

各年のippatu氏の活動歴 (2012~2021)

SNSとGoogle先生を駆使してippatu氏の活動を総ざらいしたいと思います。

2012年のippatu氏の活動 (pixiv時代)

一番古いippatu氏に関するツイートはこちら↓

 

2012年10月29日のツイートでpixivのippatu氏の投稿に関するツイートです。

残念ながらpixivのippatu氏のアカウントは削除されていたため、このリンク先を確認することはできませんでした。(Googleでの検索でも何も出てきませんでした)

彼方の物語・キリンちゃん劇場【カラー17ページ】という作品名でかなり好評だったようで、賞賛のツイートがたくさん確認できました。

その後も、『黒騎士』や『鳥姫』、『魔法の妖精ペルシャ』などの作品を投稿していたようです。

そんな中、こんなツイートを発見しました。

 

 

リンク先の画像がこちら↓

引用元:https://theartofanimation.tumblr.com/post/37651124142/ippatu

こちらが現在確認できるippatu氏の一番古い作品ではないでしょうか。

こちらのサイトから過去のippatu氏の作品を探しましたが発見できませんでした。

海外の方がippatu氏のイラストに関してツイートしていましたが、どれも上記のイラストに関してでした。

2012年 ippatu氏の作品まとめ

  • 彼方の物語・キリンちゃん劇場【カラー17ページ】
  • マインドコント☆ロールちゃん【全72ページ】
  • 黒騎士
  • 鳥姫【12ページ】
  • 魔法の妖精ペルシャ
  • チョウセン

いずれもpixiv上にアップされていた作品で現在は削除されています。

2016年12月に開設された、現在も運用されているTwitterアカウントにいくつか当時の作品がアップされていましたので年代別に後々紹介しています。

そちらを先に確認したい方は2017年あたりからどうぞ

2013年のippatu氏の活動 (pixiv時代)

まず発見したのはこのツイート。

 

内容が気になりすぎますが、例によって閲覧不可。

感動したとツイートしている人がたくさん確認できました。うらやましい限りです。

次に発見したのは、2013年4月22日「講談社まんがスカウトFes」の一次選考結果です。

そこには、

  • 彼方の物語・キリンちゃん劇場【カラー17ページ】
  • 鳥姫【12ページ】
  • マインドコント☆ロールちゃん【全72ページ】

の3作品が確認できました。

そして2013年5月31日に最終選考の結果が発表されましたが、惜しくも受賞を逃してしまったようです。

最終選考に残ったのは、上記の3作品のうち彼方の物語・キリンちゃん劇場【カラー17ページ】、鳥姫【12ページ】の2作品でした。

ここで遂に、pixivのみ?で活動していたippatu氏がTwitterに進出した模様です。

 

しかし、現在のippatu氏のアカウントを見ると利用開始は2016年3月からとなっているため、少なくとも一度アカウントを削除して作り直しているようです。

このあたりからippatu氏の関するツイートが増え、pixivでの作品がたくさん確認できました。

 

こちらはツイート自体は2014年のものなのですが、リンク先のニコニコ動画にアップされている動画は2013年8月3日にアップされていたものでした。

歌い手動画のイラストを担当していた様です。

そのほかにも、ニコニコ動画にippatu氏が動画内のイラストを担当しているものが少しだけ見つかりました。

2013年 ippatu氏の作品まとめ

  • 成仏道中クモノイト【37ページ】
  • ココナ
  • 装甲騎兵ボトムズ
  • オレたちのゆきこたん☆
  • パーフェクトマン(出だし8p)
  • 弁当(出だし8p)
  • ようかいさん(出だし8p)
  • トラウマスキーム扇状(出だし8P)
  • モモ危機一髪
  • オランジーナ
  • 織姫
  • けもっこつめあわせ
  • ippatu妖怪図鑑・No.1

2014年のippatu氏の活動 (真心一芭として活動開始)

2014年に入ってこんなツイートを発見

 

ippatu氏の作品に出てくるキャラクターを他のイラストレーターさんが描いた様です。ippatu氏自身の作品ではないですが参考までに。

ここで大きな転換期をむかえます。

 

今まではpixivで活動していましたが、ここで商業誌に進出した模様です。

2014年7月10日に発売した小学館のビッグコミックオリジナル増刊号のゴジラ特集に、

ippatu氏のイラストが掲載されたようです。

作品名は 「セイバートゥース」、発見できた画像はかなり少なかったです。

画力はこの頃にはすでに圧倒的ですね。

引用:ビッグコミックオリジナル増刊号(小学館) / 真心一芭

この記事の初めにも紹介したとおり、小学館側からippatuというペンネームが使えないと打診され、真心一芭というペンネームで活動していたそうです。

2014年 ippatu氏の作品まとめ

  • 白沢パピ子イラスト集
  • キルラキル新オープニング
  • とりひめとめがね
  • セイバートゥース

2015年のippatu氏の活動 (初の連載開始)

2015年もまた、ippatu氏にとって激動の1年だったのではないでしょうか。

まずはこちら。

2015年6月17日にサービス開始した、3Dアクション“召喚” RPG 「オービットサーガ」 というスマホゲームのキャラクターデザインを行っていたようです。

引用:「オービットサーガ」(GameBank株式会社)

続いてこちら。ビッグニュースですね。

 

2015年12月18日から「eBigComic4」というウェブマンガサイトで、

『銀十字 QQQ編』というマンガを連載開始しました。

このマンガはあの藤子不二雄Ⓐのマンガ『シルバークロス』のインスパイア作品で、フルカラーでの連載だったようです。

あらすじを公式サイトから引用しました。

藤子不二雄(A)の伝説のアクション巨編『シルバークロス』を、現代最高のグラフィック・アーチスト真心一芭が大胆にリメイク。

あの興奮に新しい生命が吹き込まれ、現代に復活する?
悪の組織QQQに父親を殺された少年ケンは、世界の悪と戦う十字警察に育てられ、最強の戦士へと成長した。

ヨーロッパU国で発生した旅客機撃墜事件から、QQQの動きをつかんだ十字警察は、ケンと彼の仲間たちの精鋭チーム“銀十字”に調査を命じる。

果たして“銀十字”は、悪の中枢に迫ることができるのか?

 

2015年 ippatu氏の作品まとめ

  • オービットサーガ
  • 銀十字 QQQ編 1話

2016年のippatu氏の活動 (銀十字連載時代①)

2016年の活動は『銀十字』の連載がメインだったようです。

 

 

このように一ヶ月おきに更新されていました。

さすがにフルカラーなので月間連載のようですね。7月22日に第8話が更新され完結となっています。

そして遂に、8月30日に単行本が発売されました。

Amazonから購入される方はこちら↓ 

銀十字 QQQ編 (eビッグコミック)

さらに、10月28日に『銀十字 カリギュラ編』の連載が開始されました。2016年は第3話まで更新されたようです。

 

ここで満を持して現在のippatu氏のTwitterアカウント(@ippatu358)が開設されたようです。

 

このアカウントが開設された事により、ippatu氏の作品がたくさん確認できるようになりました。

2016年 ippatu氏の作品まとめ

  • 『銀十字 QQQ編』2話~8話
  • 『銀十字 カリギュラ編』1話~3話

2017年のippatu氏の活動 (銀十字連載時代②)

2017年になって早々、待ちに待った情報を発見しました。

 

2013年にpixivに投稿されていた、彼方の物語・キリンちゃん劇場【カラー17ページ】がご本人のツイートによって再び閲覧可能になったのです。

正直このツイートを発見した時は飛び上がりました。

3月24日に『銀十字 カリギュラ編』6話が更新され完結したようです。そして同日に単行本も発売していました。

Amazonから購入される方はこちら↓

銀十字 カリギュラ編 (eビッグコミック)

 

さらに発見したこのツイート。

この 「鳥足少女」 というイラストは、現在連載中の『虎鶫』に登場する 「つぐみ」 というキャラクターの元になったものだと思います。

2017年 ippatu氏の作品まとめ

  • 『銀十字 カリギュラ編』 4~6話

2018年のippatu氏の活動 (カニ人の出現)

2018年は大きな動きはなく単発のイラストツイートがたくさん確認できました。

12月15日に発売の季刊エス64号 (2019年1月号)「肉体のゆらぎ」というテーマでippatu氏のイラストが掲載されました。

表紙がGoogleの規約に引っかかりそうなので載せることはできませんので、気になる方はしらべてみてください。

以下、ippatu氏のツイートを文章のみ引用しました。

本日発売、季刊エス64号。

「肉体のゆらぎ」がテーマということで肉体がゆらゆら揺らいでるおらの人魚ちゃん達が沢山載ってるよ。

シーラカンス人魚、カニ人魚と初出の人魚ちゃんもおるよおらがなぜ人外描き続けてるかの謎も載ってるのである。投稿イラスト審査もしてるよ

 

12月17日、第3のペンネームが誕生しました。

「人類を滅ぼすために」、これは現在の連載中の虎鶫の合い言葉?でもある「人類は滅亡する」の元になったものだと思います。

まさか、ここがスタートだったのか。

2018年 ippatu氏の作品まとめ

  • イラスト多数
  • 季刊エス 「肉体のゆらぎ」
  • カニ人爆誕

2019年のippatu氏の活動 (ほぼカニ人)

ここからは、ippatu氏としてのアカウントとカニ人としてのアカウントの両方を追っていきます。

2019年は、ippatu氏としての投稿はかなり少なく、人魚とカニ人のイラスト数枚のみでした。

たいしてカニ人のアカウントは非常に多くのツイートがありました。

まずは、1月にツイートされたイラストがまとまっているツイートがあったので紹介させていただきます

ここで気になるツイートを発見

このツイートは2020年3月15日のものですが、すでにフランス版 虎鶫 『TSUGUMI PROJECT』 の2巻が発売されている

そういえば、フランス版はいつから発売されているのか聞いたことないぞ?ということでしらべました。

フランス版の第1巻の発売日は、2019年7月でした。続いて第2巻は同年9月、第3巻は同年12月に発売。

Twitterアカウントでの告知が全く無かったため、当時は秘密裏に進めていたのでしょうか。

 

再びカニ人氏の話題に戻り、時は12月16日。

アカウント誕生1周年を祝ってカニ人グッズが発売されました

マグカップやTシャツ、印鑑ケースがラインナップされていたようです。

2019年 ippatu氏、カニ人氏の作品まとめ

  • フランス版『TSUGUMI PROJECT』 1~3巻 (ippatu)
  • イラスト多数 (カニ人)
  • グッズ販売 (カニ人)

2020年のippatu氏の活動 (ほぼカニ、すこしippatu)

2020年もほぼカニ人アカウントの活動のみでした。

カニ人氏の第一回イラスト人気投票が行われていました。上のツイートはその結果発表です。

カニ人公認公式ファンサイトを発見しました。どうやら2018年から存在していたようです。

そのほかにも数々の企画を行っていました。一気に紹介します。

 

ここでippatu氏の活動を発見しました。

遂に、日本版の虎鶫が動き出す予感です

2020年 ippatu氏の作品まとめ

  • 「I Love You!!」のイラスト担当 (ippatu)
  • カニ人&人魚ちゃんのアバター用3Dモデル (カニ人)
  • カニ人×ヴィレヴァンコラボ通販 (カニ人)
  • ニ周年記念通販 (通販)

2021年のippatu氏の活動 (虎鶫 とらつぐみ 連載開始)

2021年早々、気になるツイートが。

 

なんとippatu氏は加藤純一ことうんこちゃんの配信をよく観る、つまり衛門だったのだ。(衛門とは加藤純一のファンのこと)

ちなみに、当ブログ管理人も衛門です。。

そして遂に来ました。2021年1月25日ヤングマガジンで『虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT- 』の連載が開始しました。

 

こんなツイートも。連載されれば単行本も随時発売されるものだと思っていました。厳しい世界です。

 

無事に単行本の発売が決まった時のツイートです。すばらしい!!

 

 

続いてはこちら。なんだかリプ欄が荒れておりますねぇ。ippatu先生働き過ぎです。

虎鶫1巻の表紙が遂に完成した模様です。

進撃の巨人、呪術廻戦を抑えて1位とは恐ろしや。納得の面白さと迫力です。

重版決定したときのツイートです。怒濤の勢いですね。

またまたビッグニュース!!

細田守監督の新作『竜とそばかすの姫』にカニ人が書いたキャラクターが登場するそうです!!

これはすごい!!名義はippatuになるということでしょうか。

続いて、8月5日に虎鶫2巻が発売されました。

そして翌日の8月6日には重版が決定するという売れっぷりなのです。

こちらも当ブログで感想記事を書いています。

2021年 ippatu氏の作品まとめ (2021/08/13更新)

  • 虎鶫 ヤングマガジンにて連載開始
  • 虎鶫 1巻、2巻発売
  • 竜とそばかすの姫 キャラクターデザイン

ippatu氏の活動まとめ

2012年のpixiv時代から始まり、小学館の真心一芭時代、そして今の虎鶫の連載を開始したippatu時代。

さらには、パラレルワールドのカニ人。

このあたりの情報を発見できたものを全てまとめてみました。

いかがだったでしょうか。かなり長い記事になりましたが、これからも随時更新していくつもりです。

それでは、ありがとうございました。

 

【商品リンクまとめ】

Amazonで購入する方はこちらから↓

樂天はこちら

関連記事

【次に来る漫画】虎鶫 とらつぐみ 1巻レビュー【人類は滅亡する】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
ページTOP
目次
閉じる